活性炭製造・加工の満栄工業株式会社「活性炭と水」です arrowサイトマップ arrowサイトポリシー arrow お問い合わせ
満栄工業株式会社エアココロ
活性炭について 用途 技術紹介 加工工程 製品情報 環境への取組み 会社概要 TOP
活性炭用途
  TOP arrow 活性炭用途 arrow

活性炭と水

活性炭について
 arrow活性炭と水
 arrow活性炭と空気
 arrow活性炭と土

活性炭リサイクル
活性炭リサイクルについて


お問い合わせ
活性炭製造・加工の
満栄工業株式会社
〒709-2331
岡山県加賀郡吉備中央町
下加茂1597
TEL:0867-34-1131
FAX:0867-34-9000
E-mail:info@man-ei.co.jp

活性炭の浄水処理効果

社会の発展とともに汚水が社会問題化してきています。
家庭排水及び工場排水や昨今の地球温暖化による水不足などが主な原因といわれています。
そこで、排水の再利用(浄水処理)技術がますます注目されています。
浄水処理における様々な技術との組み合わせの中で、活性炭処理は非常に重要な役割を担っています。

高度浄水処理施設の仕組み

高度浄水処理施設の仕組み
原水に含まれる有機物・色・異臭などを活性炭の吸着性質を利用して浄化し再利用できるようにします。

高度浄水処理用

かび臭いにおいや、浄水場で塩素を使うことによってできるトリハロメタンという物質などを取り除き、より安全で良質な水をつくるために、これまでの凝集、沈殿、砂ろ過といった浄水処理方法にオゾン処理と粒状活性炭による処理の工程を加えたものが高度浄水処理です。これにより、かび臭などの異臭味は完全になくなり、トリハロメタンも大幅に減少させることができるほか、クリプトスポリジウム等の病原性微生物に対する安全性の向上が期待できるなど、総合的な水道水質の改善を図ることができます

オゾン処理

粒状活性炭処理

オゾンは強い酸化力と殺菌力を持っているため、水中のかび臭の素を分解します。 活性炭は炭素内部に網目状に構成される微細孔により大きな内部表面積を持ち、様々な物質を吸着することから、臭気物質やトリハロメタンなど吸着し化学物質を取り除きます。
排水用
工場排水のCOD低減には、CODの分子量にもよりますが石炭系活性炭の使用が望ましい。これらの廃水中には油脂分、石鹸分など雑多な有機物が含まれており、低分子量から高分子量にわたっているのが通例であります。
活性炭は、細孔分布が幅広く、さまざまな有機物を効率よく吸着することができます。
現在の水の利用状況では、地球温暖化による水不足が問題になっているため、水資源の循環利用が重要な問題になっております。
また、新しい課題として内分泌撹乱物質(いわゆる環境ホルモン)による汚染も懸念されています。
活性炭は、水中の有機物を効率よく、低濃度まで除去ができるため、排水処理にも重要なファクターを占めています。満栄工業では、お客様のCOD吸着要望にそった活性炭を取り揃えています。

▲ページのTOPへ

| 活性炭について | 用 途 | 技術紹介 | 加工工程 | 製品情報 | 環境への取組み | 会社概要 | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ | TOP |
Copuright 満栄工業 all rights reserved.